ブログ内検索

カテゴリー

全力占い!

最近のトラックバック

最近のコメント

QRコード

QRコード

********

勝手にリンク 【大先輩方】

プロフィール

以前勤めていた会社で個々の企業様のお悩みをお尋ねし、特定のITツールでそのお悩みを解消できるか、できるとしたら、どのような手順を踏めばスムーズかという提案営業の仕事をしていました。 縁あって現在の仕事をしていますが、そこで出会ったのがCALS/ECインストラクタという名称の資格。 折角取った資格なら、是非とも活用したいと思っています。 まだまだ教科書通りの知識しかありませんが、手探りしてでもお役に立ちたいと思っていますが…どうでしょ。 wing Skype Me™!

最近の記事

RSSフィード

********


ジオターゲティング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITで社内情報共有コトハジメ〈17〉 その後の彼女たち

ITで社内情報共有コトハジメ〈17〉 その後の彼女たち

ボスが積極的に「彼女たち(事務方さん)」と関わりを持とうとしてから
すっかり「彼女たち」自身が変わってしまいました。

そもそも、
ポンと入り込んで“情報の共有”のお手伝いをしようとした私に
協力体勢を持ってくださった方々ですので
当然といえば当然なのですが…。

それまでの、ボスなどの“外の人”との確執は一切捨て、
連携のための「外の人向け」の情報提供を始めたのです。
仕事に必要な情報はもちろん発信して来たのですが、
それ以外の、
ちょっとした潤滑油的なものを
どんどん発信していくようになりました。
その頃には、やっと、ボスに
ボイスメールの意義を認めていただけていました。

「朝1度、出社したら聞いておくこと」と
ボスから現場の方にお達しが出ていましたので、
渋々朝一のメールを聞いておられました。
でも、その、渋々もだんだんと変化していきました。

事務方でも、アイドル的な存在の女性っていますよね。
その女性が、現場の彼らに一斉同報を入れておくのです。
「今日は雨が降りそうなので、運転には気をつけてくださいね」
「今朝のテレビの占いでは、●●座がトップでしたよ」
「●●さんのお子さん、お誕生日でしたね。おめでとうございます」

現場でも、そんな“つまらない情報”がネタとなり
盛り上がることもあったそうなのです。

もちろん、それは、潤滑油の部分なのであって、
しっかり者の彼女たちは
そのボイスメールを楽しみにし始めた彼らに
きちんと、必要な情報を提供・共有するようになりました。

その後、滅多なことでは
情報の伝達もれはなくなったようです。

これも、
ツールを導入しただけでは事は終わらず、
運用が大事なのだ、という
彼女たちの意識の高さ、というのか
経験値の高さ、というのか
そいうったものが発揮された瞬間でした。

+アルファの、感情の部分が乗ってこそ
情報の共有なのだということを知っていたのだろうと思います。

日ごろの、コミュニケーション不足を
この、ボイスメールで解消すればよいと解っていたのだと思います。
1対1ではできない、
1対多のボイスメールで、それを実現して行きました。
スポンサーサイト

<< 2009年 私の選んだ建設流行語大賞 | ホーム | ITで社内情報共有コトハジメ〈16〉 その後のボス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。