ブログ内検索

カテゴリー

全力占い!

最近のトラックバック

最近のコメント

QRコード

QRコード

********

勝手にリンク 【大先輩方】

プロフィール

以前勤めていた会社で個々の企業様のお悩みをお尋ねし、特定のITツールでそのお悩みを解消できるか、できるとしたら、どのような手順を踏めばスムーズかという提案営業の仕事をしていました。 縁あって現在の仕事をしていますが、そこで出会ったのがCALS/ECインストラクタという名称の資格。 折角取った資格なら、是非とも活用したいと思っています。 まだまだ教科書通りの知識しかありませんが、手探りしてでもお役に立ちたいと思っていますが…どうでしょ。 wing Skype Me™!

最近の記事

RSSフィード

********


ジオターゲティング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITで社内情報共有コトハジメ〈16〉 その後のボス

ITで社内情報共有コトハジメ〈16〉 その後のボス

連絡の行き違いで、
在庫を抱えるどころか
部署内でしこりが残っていることに気づいた例のボスのお話です。

その後ボスは、
現場の話だけではなく、事務方の話も聞くようになったようです。

「事件は現場で起きてるんだ!」も正解ですが、
「現場を支える人間は、現場にいるとは限らない!」も正解だと思うのです。

「何があったんか」というのは、
そもそもの彼の口癖だったようですが、
聞く順番を変えたようでした。

以前は、まず現場にかかわる人から「聴取」していましたが、
それからは、「事務方」から聞くようになったようです。

よく考えたら、
現場でいつも顔をあわせる人たちって
自然と連携が取れるようになっているんですよね。
(いい意味でも、悪い意味でも)

「影のしっかりモノ」で頑張ってくれる事務方さんがいてこそ
安心して外で働けるというものです。

狩をするおとーさんと、
家を守るおかーさんのようなもの…でしょうか。

ボスはそれから、
同じ話を聞くにしても、
おかーさんから聞くようにしました。

「違う目で見るって、大事なことやなぁ」
ボスは後日、
私にこう言ってくれました。

それと、
その言葉に付け加えるように
「あの時は悪かったな。ちょっと気が立っててな」

私の襟ぐりをつかんだことをおっしゃっておられたのだと思います。

「よくあることです」と笑いました。

残念ながら、
他の会社へアドバイスに出向いた際、
確かに何度かそのような雰囲気になったことはあったのです。
(実際につかまれたのは、そのボスが初めてですが)

私も未だに、ずっと考え続けています。
「多角的にものを見る目が欲しい」のです。

私、
どっちかというと
気になることが出来ると
「行ってきまーす!」と突っ走るタイプなので…。
それって、
単細胞・浅知恵・短気…という言葉とつながりそうです。
「猪突猛進」タイプなのです。
間違いなく、多角的には見ていません。苦。

いい年齢にもなってきたので、
ちょっと落ち着きが欲しいところです。汗。
スポンサーサイト

<< ITで社内情報共有コトハジメ〈17〉 その後の彼女たち | ホーム | ITで社内情報共有コトハジメ〈15〉 意外な無駄その3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。