ブログ内検索

カテゴリー

全力占い!

最近のトラックバック

最近のコメント

QRコード

QRコード

********

勝手にリンク 【大先輩方】

プロフィール

以前勤めていた会社で個々の企業様のお悩みをお尋ねし、特定のITツールでそのお悩みを解消できるか、できるとしたら、どのような手順を踏めばスムーズかという提案営業の仕事をしていました。 縁あって現在の仕事をしていますが、そこで出会ったのがCALS/ECインストラクタという名称の資格。 折角取った資格なら、是非とも活用したいと思っています。 まだまだ教科書通りの知識しかありませんが、手探りしてでもお役に立ちたいと思っていますが…どうでしょ。 wing Skype Me™!

最近の記事

RSSフィード

********


ジオターゲティング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITで社内情報共有コトハジメ〈15〉 意外な無駄その3

ITで社内情報共有コトハジメ〈15〉 意外な無駄その3

さて、

人に伝言を頼むときの
  *時間的ロス
  *情報曲がりのロス
を先日書かせて頂きました。

事務員の方に協力していただいてメモに書き出した「ロス」の事例を
具体例を挙げてプレゼンテーション形式でまとめ、
例の“ボス”に報告したときです。

ボスの顔色が、見る見る変わっていったのです…。

事務員の方に
「これは、本当にあったことか?」と半ば怒鳴りました。

彼の怒りに触れたのは、

  *伝言ミスで購入物を間違ってしまったこと
  *返品できないために、新たに本当に欲しかったものを購入してしまったこと
  *新たに購入したものは、納めてもらうまでに時間がかかってしまったこと
  *また、その責任の所在について、関係者内で揉め事がおこってしまったこと

でした。

最悪です。
間違って購入したものは在庫となり、
正しい発注物は、時間がかかってしまい、
揉め事まで起こり、
その上、しこりが残ってしまったのです。

これは、かなり“レアなケース”ですが
あっては欲しくないことです。

このような「最悪の事態」はそうめったに起こることではありませんが、
「揉め事」「心理的しこり」は頻繁に起こっていました。

現場の心理的ケアは行われますが、
事務方の心理的ケアは意外に行われていません。

単純に思いがちな伝言についてのストレスは
見過ごされがちなのです。

たかが伝言、されど伝言。

その日から、ボスは事務方の意見に耳を傾けるようになりました。

スポンサーサイト

<< ITで社内情報共有コトハジメ〈16〉 その後のボス | ホーム | うわぁ…おいしい! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。